第8回『Crystal Cage College』開催のお知らせ

第8回 Crystal Cage College
社会 甲斐みのり× ことば 平出隆 × 音楽 伊藤ゴロー
詩人で造本家の平出隆と、ギタリストで作曲家の伊藤ゴローを軸にして、
国立にミニマルカレッジが開校。
その名は《クリスタル・ケージ・カレッジ》、略称CCC。
本に囲まれ、美術、音楽、言葉を中心に、
世界のさまざまな美しいもの、透明なものについて、
静かに考える時間をどうぞ。
___________________________________________________________
講義内容
小講義 甲斐みのり「自分の星を探して町を歩こう」
小講義 伊藤ゴロー「月の音楽」
小講義 平出隆 「澁澤龍彦と『猫の客』ーー影響について」
TonePoetry [朗読:平出隆 ギター:伊藤ゴロー]
質疑応答
放課後:本・CDの販売およびサイン会
会場 PAPERWALL CAFE nonowa 国立店
開催日時 2016年11月12日(土)18:30~20:30
料金 受講料2,300円+1ドリンク500円 合計2,800円(税込)
定員 30名
ご参加のお申込み、お問合せはお電話、メール、店頭にて10月4日(火)13:00〜承ります。
参加の受付は定員に達し次第締切りとさせていただきます。ご了承下さい。
参加お問合せ・お申込み
PAPERWALL CAFE nonowa 国立店
Tel:042-843-0261
主催:オリオン書房・PAPERWALL・PAPERWALL CAFE
制作:333DISCS
協力:Tokyo Publishing House
___________________________________________________________
甲斐みのり(かい みのり)
静岡生まれの文筆家。大阪、京都と移り住み、現在は東京にて活動。旅、散歩、お菓子、手みやげ、クラシックホテルや建築など、女性が好み憧れるモノやコトを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。食・店・風景・人、その土地ならではの魅力を再発見するのが得意。まち歩きや手みやげ講座など、カルチャースクールの講師もつとめる。著書は『衣・食・住 暮らしの雑貨帖~ずっと愛したい、わたしのお気に入り』(マイナビ)、『気持ちが伝わるおいしい贈りもの』(大和書房)、『東海道新幹線各駅停車の旅』(ウェッジ)など30冊以上。
平出隆(ひらいで たかし)
1950年北九州市生れ。国立市在住。一橋大学卒。詩人、作家、造本家、多摩美術大学教授《via wwalnuts》叢書や《crystal cage》叢書など、革新的な方法で新しい「紙の本」の出版活動を展開。読売文学賞、紀行文学大賞、芸術選奨文部科学大臣賞、藤村記念歴程賞、造本装丁コンクール経済産業大臣賞、最優秀翻訳図書賞(アメリカ)など。小説『猫の客』は国際的ベストセラーとなり、20カ国以上での翻訳が決まっている。また、伊藤ゴローのアルバム《GLASHAUS》及び《POSTLUDIUM》のジャケットデザインも手掛け、ゴローのギター演奏と共にする詩の音読による《TonePoetry》も展開。
伊藤ゴロー(いとう ごろー)
1964年青森市生れ。国立市在住。作編曲家、ボサノヴァ・ギタリスト、音楽プロデューサー。naomi & goro、坂本龍一や細野晴臣らとの共演、映画・ドラマ音楽も手掛け国内外で活動。伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム《ランデヴー・イン・トーキョー》でブラジル・ディスク大賞2位を受賞。2013年ブラジル・ディスク大賞受賞《GETZ/GILBERTO+50》他プロデュース作品も多数。青森県立美術館でのサウンド・インスタレーションへの出品、多摩美術大学での特別講義、平出隆との《TonePoetry》、原田知世 歌と朗読の会《on-doc.(オンドク)》など多方面での活動を行う。2016年3月naomi & goro11作目《RIO, TEMPO》、5月原田知世《恋愛小説2〜若葉のころ》リリース。
CAFE PWの日々 PW国立 RECOMMEND イベント 文学

6.12~7/26 多肉植物フェアのお知らせ

トゲトゲなのに何故かどうにも

にくめない。

最近人気の多肉植物が

国立にやってきます。

夏の初め、気持ちの良い風が

入ってくる窓辺にそっと佇む

緑色のかわいいあの子。

お気に入りを

この機会に見つけて

是非お部屋に連れて帰って

あげてください。

会期:2016.6.12-7.26

開場:PAPERWALL 国立店

お問い合わせ:042-843-0261

OTHER PWの日々 PW国立 RECOMMEND ZAKKA フェア

 

第6回 Crystal Cage College

美術 家村珠代× ことば 平出隆 × 音楽 伊藤ゴロー

 

詩人で造本家の平出隆とギタリストで作曲家の伊藤ゴローを軸にして、

国立にミニマルカレッジが開校。

その名は《クリスタル・ケージ・カレッジ》、略称CCC。

本に囲まれ、美術、音楽、言葉を中心に、

世界のさまざまな美しいもの、透明なものについて、

静かに考える時間をどうぞ。

___________________________________________________________

講義内容

小講義 家村珠代 「作家とキュレーター」

小講義 伊藤ゴロー「紋様」

小講義 平出隆 「郵便の美しさとはなにか」

TonePoetry [朗読:平出隆 ギター:伊藤ゴロー]

質疑応答

放課後:本・CDの販売およびサイン会

会場 PAPERWALL CAFE nonowa 国立店

開催日時 2016年6月17日(金)19:30~21:30

料金 受講料2,300円+1ドリンク500円 合計2,800円(税込)

定員 30名

ご参加のお申込み、お問合せはお電話、メール、店頭にて5月30日(月)13:00〜承ります。

参加の受付は定員に達し次第締切りとさせていただきます。ご了承下さい。

参加お問合せ・お申込み

PAPERWALL CAFE nonowa 国立店

Tel:042-843-0261

pw.n.kunitachi@orionshobo.com

主催:オリオン書房・PAPERWALL・PAPERWALL CAFE

制作:333DISCS

協力:Tokyo Publishing House

https://www.facebook.com/CrystalCageCollege/

___________________________________________________________

家村珠代(いえむら たまよ)

1960年東京生れ。キュレーター/多摩美術大学教授。東京芸術大学博士課程終了。目黒区美術館学芸員を経て、インディペンデント・キュレーターとなる。美術館での主な展覧会に「戦後文化の軌跡—1945−1995」「1953年ライトアップー新しい戦後美術像が見えてきた」「青木野枝展—軽やかな、鉄の森」「小林孝亘—終わらない夏」「村田朋泰展 俺の路・東京モンタージュ」「丸山直文—後ろの正面」など。ギャラリーでの展覧会に「家村珠代連続企画“ひとり”」がある。

平出隆(ひらいで たかし)

1950年北九州市生れ。国立市在住。一橋大学卒。詩人、作家、造本家、多摩美術大学教授《via wwalnuts》叢書や《crystal cage》叢書など、革新的な方法で新しい「紙の本」の出版活動を展開。読売文学賞、紀行文学大賞、芸術選奨文部科学大臣賞、藤村記念歴程賞、造本装丁コンクール経済産業大臣賞、最優秀翻訳図書賞(アメリカ)など。小説『猫の客』は国際的ベストセラーとなり、20カ国以上での翻訳が決まっている。また、伊藤ゴローのアルバム《GLASHAUS》及び《POSTLUDIUM》のジャケットデザインも手掛け、ゴローのギター演奏と共にする詩の音読による《TonePoetry》も展開。

伊藤ゴロー(いとう ごろー)

1964年青森市生れ。国立市在住。作編曲家、ボサノヴァ・ギタリスト、音楽プロデューサー。naomi & goro、坂本龍一や細野晴臣らとの共演、映画・ドラマ音楽も手掛け国内外で活動。伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム《ランデヴー・イン・トーキョー》でブラジル・ディスク大賞2位を受賞。2013年ブラジル・ディスク大賞受賞《GETZ/GILBERTO+50》他プロデュース作品も多数。青森県立美術館でのサウンド・インスタレーションへの出品、多摩美術大学での特別講義、平出隆との《TonePoetry》、原田知世 歌と朗読の会《on-doc.(オンドク)》など多方面での活動を行う。2016年3月naomi & goro11作目《RIO, TEMPO》リリース、また同5月にリリースした原田知世《恋愛小説2〜若葉のころ》はオリコン・アルバムランキング初登場で4位となる。

 

PW国立 RECOMMEND イベント フェア